テレビ番組

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)が途中打ち切りはなぜ?

『ドラゴンクエスト -ダイの大冒険-』が2020年秋に完全新作アニメ化が発表されると同時に、1991年版の配信も決定し注目が集まっていますね!

1991年版ドラゴンクエスト -ダイの大冒険-ですが、視聴率もそこまで悪くはありませんでしたが当時「次のアニメのつごう」という理由で途中打ち切りの形で終わっています。

 

この1991年版がなぜ途中打ち切りとなってしまったのか気になりますよね。

そこで「ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)が途中打ち切りはなぜ?」の題材で、調査しご紹介していきたいと思います。

 

また1991年版の最終回についても触れていきますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)の途中打ち切りはなぜ?

人気アニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)」がなぜ途中打ち切りになってしまったのか、気になりますので調査していきます。

途中打ち切りになってしまった理由、それは「バラエティー帯番組の放送枠確保」のためだと言われています。

バラエティー帯番組が放送されていない地域では代わりにアニメ放送され「次のアニメのつごう」という見え方があったのでは?とされていました。

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)」は人気もありまだ続編を作る予定があったのに終了することになってしまったので、今回の新作アニメ化はファン待望ということになりますよね♪

 

ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)の最終回について

28年ぶりの新作アニメ化ということでここでは、SNSで「ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)」の最終回についての声が寄せられていますので、聴かせていただきましょう。

まとめ

「ドラゴンクエスト ダイの大冒険(1991)が途中打ち切りはなぜ?」の題材でまとめてきましたが、いかがでしたでしょうか。

2020年秋の完全新作アニメでは最終回まであるはずですので、楽しみに期待しています!

最後までご覧いただきありがとうございました。