未分類

祇園祭2019屋台の名物や出る日は?混雑回避の時間や通行止めはいつ?

祇園祭2019は、京都の夏の風物詩で、7月1日から31日まで1か月間にわたって開催されていますね!!

 

祇園祭は歴史あるお祭りで有名で、一般的には山鉾町が主催する行事が「祇園祭」と認識されることが多く、その中の山鉾行事だけが重要無形民俗文化財に指定されているそうです。

祇園祭は数々の三大祭のひとつに挙げられ、「京都三大祭」「日本三大祭」「日本三大曳山祭」「日本三大美祭」のうちの一つであり、日本を代表する祭りです!

 

そのため祇園祭を楽しもうと、全国から人が訪れ1日30万人以上来た日もあったほど、、。

そんな祇園祭2019屋台の名物や出る日、混雑回避の時間や通行止めはいつなのか、見どころについて気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「祇園祭2019屋台の名物や出る日は?混雑回避の時間や通行止めはいつ?」の題材でまとめていきたいと思います!

それでは早速、本題に入っていきましょう!

祇園祭2019屋台の名物や出る日は?混雑回避の時間は?

2019年”夏の京都”といえば祇園祭と言えるほど有名なお祭りが開催されていますね!

祇園祭は1ヶ月間続く大規模なお祭りで、全国から人が集まるため非常に混雑が激しいです、、、。

 

しかしその分屋台やお祭りも大規模に行われているので、この時期だけの最高の思い出になりますよ♪

ただ、祇園祭の屋台って毎日やっているわけではないんです。

祇園祭2019は1か月間やっていますが、屋台が出ている日は限定されているんですね。

 

早速祇園祭2019屋台の名物や出る日をまとめていきます(^^)/

 

▼まず祇園祭2019の開催日程

☆2019年(令和元年)7月1日~7月31日

※1ヶ月間、ほぼ毎日のように神事や行事が行われますが、毎日イベント三昧というわけではなく、打ち合わせや祈願も含めての祇園祭と呼んでいるそうです。

 

この祇園祭の中で、特に多くの人が訪れ混雑が激しいのは、屋台の出店があって歩行者天国にもなる前祭(さきまつり)です。
屋台は出ませんが、2014年に約50年振りに後祭(あとまつり)が復活したことも話題になったので、後祭も人気が高い行事ですよ。

 

前祭(さきまつり)の日程
2019年7月14日 宵々々山
2019年7月15日 宵々山
2019年7月16日 宵山
2019年7月17日 山鉾巡行

後祭(あとまつり)の日程
2019年7月21日 宵々々山
2019年7月22日 宵々山
2019年7月23日 宵山
2019年7月24日 山鉾巡行

 

祇園祭2019で屋台が出る日は限定されているとお話ししましたが、屋台が出る日はこちらです。

2019年7月15日宵々山
2019年7月16日 宵山

 

この2日間だけです。歩行者天国も同様にこの2日間だけですよ!

 

▼歩行者天国のわかりやすい写真がこちら

交通規制

(画像:京都新聞)

 

屋台が出るこの2日間だけは、歩行者天国となるのでなんとも解放感あふれ、子供も安心して楽しめる日となっています♪

歩行者天国になる時間帯は18時~23時で、夜がメインとなっています。
屋台・出店時間は朝10時頃~23時で、烏丸通りだけは歩行者天国と同様の18時~23時のようです。

 

祇園祭は全国から観光客がやってくるため混雑していない日はありませんが、祇園祭開催の1ヶ月間で特に混雑が激しいのは前祭の16日!

基本的に屋台や歩行者天国のある15日・16日は群を抜いて混雑します。

 

なので、ベビーカーの使用はおすすめできません。進みにくいので、、、

そしてつま先が開いてるサンダルもやめておいた方がいいでしょう。

(混雑が激しいときは、足を踏まれる事あり、、、)

 

混雑回避のためには、屋台がない日に日程をずらすことがおすすめです。

ですが、この夏の屋台かかせないという人も多いはずですので、混雑回避の屋台が出る日の混雑回避としては、

  • 楽しむ時間帯を夜ではなく、夕方(16時くらいから)にずらす
  • 19時くらいに切り上げる

 

歩行者天国となる時間帯より前から屋台などを楽しんでおくと、混雑回避につながりますよ!

また夜になると、最寄り駅が混雑してくるので19時くらいには切り上げたいところ。

お昼から楽しむのも混雑回避となりますが、日焼け止めをお忘れずに♪

 

祇園祭の名物をピックアップ!”

『祇園祭名物金魚サイダー』
手巻き寿司屋「アウーム(AWOMB)」が出しているとのこと。

祇園祭期間限定の屋台なので、祇園祭に行く際にはぜひ♪
中に入ってる金魚に見えるのはゼリーのようです。

 

 

『ちまきパン』

ちまきパンはマッシュキョウトの祇園祭限定のパンです。
笹の葉で巻いたパンですが中身がスゴイのです。
こしあんと白玉を酒種のパン生地で和菓子のまんじゅうのようにつつんであり・・・
ファンが多い人気の祇園祭名物です☆

 

次に祇園祭2019混雑回避の時間や通行止めについてまとめていきたいと思います!

祇園祭2019|通行止めはいつ?

【車両通行止め】
10日から=室町通の錦小路-四条▽11日から=新町通の錦小路-四条と綾小路-高辻▽12日から=室町通の蛸薬師-錦小路、東洞院通の高辻-松原▽13日から=室町通の綾小路-仏光寺、新町通の四条-綾小路、油小路通の綾小路-高辻、錦小路通の烏丸-新町、綾小路通の室町-油小路、仏光寺通の西洞院-醒ケ井
【一方通行】
10日から=室町通の四条-綾小路の北行禁止▽13日から=綾小路通の烏丸-室町の西行禁止、西洞院通の蛸薬師-四条の北行禁止
(引用:https://www.kyoto-np.co.jp)

2019年の情報は発表されていませんが、2018年の通行止め情報はこのようになっていました。

また交通規制に関しても同様に2018年の情報を現時点では確認することができます。

(交通規制の情報はこちら

まとめ

「祇園祭2019屋台の名物や出る日は?混雑回避の時間や通行止めはいつ?」はいかがでしたでしょうか。

夏の風物詩である祇園祭2019屋台の名物、混雑回避の時間や通行止めはいつなのかについてまとめてきました!

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。