人物

鍵山優真の実家や兄弟と父親がすごい!高校や中学は?彼女や海外の反応も

2019年11月17日フィギュアスケート全日本ジュニア選手権最終日、男子フリーではショートプログラム首位の鍵山優真さんが合計251・01点で初優勝を飾り話題になっていますね。
鍵山優真さんはフリー、合計とも非公認ながら現行のジュニア世界最高得点を上回るハイスコアでした!おめでとうございます!

4回転トーループ2本を含む全7本のジャンプを決め、魅力あるパフォーマンスでしたよね。

そんな鍵山優真さんの高校や中学、実家や兄弟と父親、彼女や海外の反応について気になりましたので調査していきます。

それでは早速いってみましょう!

鍵山優真の高校や中学は?彼女はいる?

 

まだ若干16歳ですが素敵なスケーティングで私たちを魅了してくれ、そして優勝を飾りましたね。本当におめでとうございます!

5歳からスケートを始めている鍵山優真さんですが、「ここまで頑張ってきて良かった」と素直な気持ちを出していましたね。まずは優勝という目標に向けて、心と身体を全力で練習を重ねていった結果だと思います。

努力を重ねても優勝を手にすることもできない方もいるので、鍵山優真さんはセンスも持っているのでしょうね。

そんな鍵山優真さんのプロフィールについて改めてまとめていきますよ。

生年月日 2003年5月5日
年齢 16歳(2019年11月時点)
出生地 長野県軽井沢町
出身 神奈川県横浜市
高校 星槎国際高等学校
中学 横浜市立六角橋中学校
身長 158 cm
血液型 O型
練習拠点 横浜銀行アイスアリーナ

鍵山優真さんは横浜市出身です。中学は横浜市営地下鉄ブルーライン沿いに位置する「六角橋中学校」に通っていたそうです。

高校は通信制である「星槎国際高等学校」に在学中とのこと。

2016年から大会に出場している記録がありましたので、中学1年生の頃から学業と大会に向けての練習で大忙しの中学生だったのでしょうね!

そして高校生で全日本ジュニア選手権初優勝しましたので、今後さらに優勝数を伸ばしてくれるのではないかと期待が高まります!

そんな努力家でもある鍵山優真さんに彼女がいそうな気がしてならないのですが、彼女については明らかになっていませんでした。

しかし、秀でた実力を持っている鍵山優真さんですからモテないわけがありません。

しかし今はフィギュアスケートの練習で忙しいので、彼女どころではないかもしれませんね。

鍵山優真の実家や兄弟と父親がすごい

鍵山優真さんの父親がコーチを務めています。

コーチであり鍵山優真さんの父親の名前は鍵山正和さんです。鍵山正和コーチもすごい方で、1992年アルベールビルオリンピック、1994年リレハンメルオリンピック男子シングル日本代表の実力をお持ちの方なんです。

1991年から全日本フィギュアスケート選手権3年連続で優勝していますので、鍵山優真さんに父親と同じかそれ以上のセンスがあると期待が高まりますよね!

世界最高得点での初優勝は本当に素晴らしい実績です!

2016年4月より横浜銀行アイスアリーナ専属インストラクターとなった父親&コーチのもとで、鍵山優真さんは練習をしているようですね。

ですのできっと実家も横浜銀行アイスアリーナから遠く離れてはないところにあるのでしょうね。

一般の方で発表されていませんが、ご家族には母と弟が1人のようなのできっと実家では4人で暮らしでしょうか。

鍵山優真さんについて新しい情報が入り次第こちらで追記いたします。

鍵山優真の海外の反応

このように鍵山優真さんは海外でも注目されています。今回の日本ジュニア選手権初優勝でさらに、海外や日本で知名度を上げました。

鍵山優真さんのすごさについて話題にし発信している方々が急激に増えているので、鍵山優真さんのスケートを見て、魅力を感じた方の多さが伝わってくるよですよね!

今後のご活躍も楽しみに期待しています!

まとめ

「鍵山優真の実家や兄弟と父親がすごい!高校や中学は?彼女や海外の反応も」の題材でまとめてきましたがいかがでしょうか。

鍵山優真さん日本ジュニア選手権初優勝おめでとうございます!

今後もコーチであり父親である正和コーチと練習に励み、更なる飛躍を応援しています。

最後までご覧いただきありがとうございました。