未分類

にわかファンの意味や由来!元ネタはいつ?【流行語大賞候補2019】

2019年もクリスマスコフレや福袋が話題に挙がるようになってきて、終盤に差し掛かってきていますね。
そんな中、2019年の流行語大賞候補が11月6日に発表されました。
話題に上った言葉に贈られる「2019ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート語が発表され、毎年12月初めに、様々なジャンルから、『現代用語の基礎知識』収録の用語をベースに決定されます。
そこで今回は「にわかファンの意味や由来!元ネタはいつ?【流行語大賞候補2019】」の題材で、意味や元ネタなどをまとめていきたいと思います。
それでは早速いってみましょう!

【2019年流行語大賞】にわかファンの意味や由来

今回2019年の流行語大賞ノミネート語に、ラグビーから5つも選出されていますね。

日本代表がワールドカップで初の8強入りを果たして、日本ではラグビー人気を巻き起こしたのは記憶に新しいです。国内では祝福ムードでしたよね!

そんなラグビーから「にわかファン」が流行語大賞ノミネート語として選ばれました。

「にわかファン」とは、世間でブームになっている事柄に対して、急にファンになった人たちのことを指します。ですので、古くからのファンとは逆の言葉になります。

すぐに止む一時的な雨のことを「にわか雨」と言いますが、それに似た言葉。

「にわかファン」の由来ですが、もともと「にわか」が使われていたのは、日本ですと主に江戸時代から明治時代にかけてであるといわれています。そしてその当時「にわか」という単語は、「即興の芝居」という意味でした。

そんな「にわか」の由来や語源があり、それまでファンでもなかったのに急にファンだと公言するようになった人のことなどを「にわかファン」と呼ぶようになっていったようですね。

 

【2019年流行語大賞】にわかファンの元ネタは?

「にわかファン」の元ネタは、ラグビーワールドカップで応援する人がファンが増えたこと。

ラグビー開幕戦、2戦目の平均視聴率は20%前後でしたが、3戦目4戦目と視聴率を上げていき、準々決勝にはなんと41.6%まで上昇していました!

初の8強入りをかけたスコットランド戦の試合終了時、瞬間最高視聴率は53.7%をマークしています!

プラスの意味でにわかファンという言葉が生まれ、日本が盛り上がることができラグビーの選手の方々には感謝の気持ちでいっぱいですね。

 

2019年流行語ノミネート一覧

  1. あな番(あなたの番です)
  2. 命を守る行動を
  3. おむすびころりんクレーター
  4. キャッシュレス/ポイント還元
  5. #KuToo
  6. 計画運休
  7. 軽減税率
  8. 後悔などあろうはずがありません
  9. サブスク(サブスクリプション)
  10. ジャッカル
  11. 上級国民
  12. スマイリングシンデレラ/しぶこ
  13. タピる
  14. ドラクエウォーク
  15. 翔んで埼玉
  16. 肉肉しい
  17. にわかファン
  18. パプリカ
  19. ハンディファン(携帯扇風機)
  20. ポエム/セクシー発言
  21. ホワイト国
  22. MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
  23. ○○ペイ
  24. 免許返納
  25. 闇営業
  26. 4年に一度じゃない。一生に一度だ。
  27. 令和
  28. れいわ新選組/れいわ旋風
  29. 笑わない男
  30. ONE TEAM(ワンチーム)

まとめ

「にわかファンの意味や由来!元ネタはいつ?【流行語大賞候補2019】」の題材でまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

ラグビーからノミネートされた流行語「にわかファン」にはプラスの良い意味が込められているので、今後「にわかファン」から「コアなファン」へ変わる人が増えてくると日本のラグビー界はさらに盛り上がり続けていきそうですね!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました。

https://c2.cir.io/QDhwuS