未分類

はじめての離乳食まとめ!5-6カ月の赤ちゃんのために

こんにちは、祥子です。

「はじめての離乳食まとめ!5-6カ月の赤ちゃんのために」をご覧いただきありがとうございます。

このブログを見ていただいている方は、”5-6カ月の赤ちゃんの離乳食のメニュー探し”であったり、”これから5-6カ月になる赤ちゃんを育児中のママ”という方が多いかと思います。

 

赤ちゃんは今まで、ミルクから栄養を取っていて、いよいよ初めて私たちと同じ食材を食べる練習が始まりますが、一人目のお子さんのママも、初めての離乳食作りになりますね。

 

・大人が食べているのを見て、赤ちゃんも食べたそうに口をモグモグ動かす

・ご機嫌な時間が増えてきた

・起床時間、お昼寝、寝る時間などが決まってきて、1日のリズムが出来てきている

 

赤ちゃんも一人一人違うので月齢にとらわれず、赤ちゃんに合ったタイミングで開始しますが、赤ちゃんが「食べたそう」にしていたら、そろそろ離乳食開始の頃合いです。

 

まだ5-6カ月という月齢だと、夜中泣いて起きるため、お母さんは寝不足気味ではないでしょうか。

そんな中、そろそろ離乳食を始めていく月齢でもあるので、不安に感じているお母さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

・離乳食作るのって大変そう

・うちの子、離乳食食べてくれるかしら・・・

 

いろいろと不安に感じることもあるかと思いますが、この記事では5-6カ月の月齢の赤ちゃんのための離乳食メニューを紹介していきたいと思いますので、少しでも不安を解消し、楽しく赤ちゃんとの離乳食生活をスタートさせましょう!

簡単に作れるメニューもありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

5-6カ月 食材の固さの目安

赤ちゃんにも個人差がありますので、よく観察しながら発達に合わせて進めていきましょう。

以下、5-6カ月の赤ちゃんが離乳食でよく使う食材別に、固さをまとめています。

 

* 10倍がゆ

離乳食始めたばかりの頃は、10倍がゆをすりつぶして、米粒がなくなるくらいなめらかにし たもの。水分が多く、ヨーグルト状。

 

* にんじん

水分を多めにし、ゆでてすりつぶす。舌触りはなめらかに。

 

* じゃがいも

水分を多めにし、ゆでてすりつぶす。舌触りはなめらかに。

 

* ほうれんそう

葉先の部分を使用。筋をとってみじん切りにし、すりつぶす。舌触りはなめらかに。

 

1回分の献立例

初めての食材は、小さじ1杯からスタートしていきます。

赤ちゃんの体が受け入れているかどうか、様子を見ながらすすめていきましょう。

特に変わった様子がなければ、1さじずつ増やしていくと良いと思います。

 

また、ミルクで過ごしてきた赤ちゃんにとって、「食べる」というのはとても大きな体験です。なので、赤ちゃんが機嫌の良いときになるべくあげれるとよいでしょう。

食べ物に慣れ親しんだり、飲み込むことを覚えたりすることが目的なので、栄養面は気にしないで大丈夫です!

 

<10倍がゆ>

材料・・・お米 30グラム 、水 300cc

作り方

  1. お米を洗い、鍋に米と水を入れる
  2. 鍋に蓋をして、強火にかける
  3. 沸騰したら、蓋をずらし弱火で30分炊く
  4. 最後に蓋をして、10分蒸らして出来上がり

※はじめての離乳食では、このままでは食べづらいので、湯冷ましで伸ばしながら裏ごしをする

 

<かぼちゃがゆ>

材料・・・10倍がゆ 40グラム、かぼちゃ 20グラム

作り方

  1. かぼちゃはゆでて、皮を取り除き、すりつぶす。
  2. 10倍がゆに、かぼちゃを混ぜ合わせて出来上がり

 

<しらす豆腐>

材料・・・絹ごし豆腐 25グラム、しらす 5グラム

作り方

  1. しらす、豆腐はそれぞれ湯通しをしてすりつぶす
  2. しらすと豆腐を合わせて出来上がり

※シラスを湯通しした後、塩がしっかり抜けているか確認するとベスト

 

簡単電子レンジ活用術

赤ちゃんのお世話はやることがたくさんありますよね。

離乳食を電子レンジで簡単に作れるものもあるので、紹介します!

 

<パンがゆ>

材料・・・食パン(8枚切り) ¼枚、ミルク(溶かしたもの) 1/2カップ

作り方

  1. 食パンはみみを取り、細かくちぎる
  2. 耐熱容器に食パンとミルクを入れ、水分を吸うまで浸し、ラップをして30秒加熱
  3. なめらかになるまですりつぶして、出来上がり 

 

まとめ

5-6カ月の離乳食について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

離乳食生活をすでにはじめているお母さん、これから離乳食をはじめるお母さんのお役に立てればと思います。