未分類

7-8カ月の赤ちゃん離乳食まとめ!1日の献立例も

こんにちは、祥子です。

離乳食を開始して、1-2か月が経過する頃かと思いますが、赤ちゃんの様子はいかがですか。

毎日少しずつ離乳食にも慣れてきて、次のステップにいこうかと迷うお母さんもいらっしゃると思います。

 

・水分の多い離乳食から、少し少なめの状態にした離乳食を上手に食べることができる

・小さな粒があっても食べることができる

 

上記のような赤ちゃんの様子が観察出来たら、徐々にステップアップ。

7-8カ月の月齢になったら、少し粗目に潰して与えていくことで、”食べ物を飲み込むこと””舌で食べ物もつぶすこと”が定着し育っていきます。

 

離乳食の回数も、2回に増えます。午前中に1回、午後に1回。なるべく同じ時間に離乳食タイムを設けると、赤ちゃんの生活リズムが整ってきます。

 

また、単品メニューになりがちだった離乳食初期と比べ、7-8カ月の赤ちゃんの離乳食からは食べられるものが増えてきます。

2回の離乳食は、違うメニューを準備してあげるとよいでしょう。

この時期から、薄く味をつけることができるようになるので、いろいろな味を味わわせてあげるといいですね。

 

そうはいっても、「どれくらい味付けしていいの?」「食材の固さの目安はどれくらい?」と悩むお母さんもいらっしゃると思いますので、食材の固さの目安や、1日分の献立例を紹介していきたいと思います。

 

7-8カ月 食材の固さの目安は?

離乳食初期では、食材の固さは、「舌触りなめらか」が主な目安でしたが、7-8カ月の月齢になると、柔らかく小さな粒状なら、舌と上あごの間でつぶして飲み込めるようになるので、離乳食初期と比べて、水分を少し少なめにした調理になります。

柔らかくゆでて粗くつぶし、小さな粒が残るくらいが目安です。

 

豆腐を例にとるとわかりやすいので、固さの目安は以下を参考にしてみてください。

 

* 豆腐

絹ごし豆腐を軽くつまむとつぶれるくらいの固さが目安。大きさは2ミリ角から始めるといいでしょう。慣れたら、3ミリ角程度に。

 

7-8カ月赤ちゃんの1日分の献立例

赤ちゃんは一人一人違いますので、焦らず徐々に慣れてきたら、2回食にしていきます。はじめの頃は、7倍がゆで、徐々に5倍がゆを食べれるようになるので、練習していきます。

ここでも焦らず、赤ちゃんのペースでおかゆの固さは少しずつ変えていけば大丈夫です。

 

2回食になるのは大変だと思いますが、2回の離乳食のメニューをできるだけ変えてあげて、食材や味の体験を多くさせてあげるといいですね。

主食、主菜、副菜ごとに献立例を紹介していきたいと思いますので、1日の献立の参考にどうぞ。

【主食】

<ブロッコリーのパンがゆ>

材料・・・食パン 1/2枚、 ブロッコリー(つぼみの部分) 少々、

野菜ス-プ 1/2カップ

作り方

  1. 食パンはみみを取り、細かくちぎる。ブロッコリーは柔らかくゆでてみじん切りにする。
  2. 鍋に、食パンとブロッコリー、野菜スープを入れて弱火でトロトロになるまで煮込む。

 

<ひき肉入り雑炊>

材料・・・7倍がゆ 80グラム、 鶏ひき肉 5グラム、 出し汁 1/4カップ

作り方

  1. 7倍がゆを、サッと水で洗う。
  2. 鍋に、出し汁とひき肉を入れて煮る
  3. ひき肉に火が通ったら、7倍がゆを入れて、ひと煮立ちさせる

 

【主菜】

<豆腐とチンゲン菜和え>

材料・・・豆腐 50グラム、 チンゲン菜(葉先の部分) 25グラム

作り方

  1. 豆腐はゆでて、つぶす。チンゲン菜はゆでて、みじん切りにする。
  2. 豆腐とチンゲン菜を和える。

 

<納豆ホウレンソウ>

材料・・・ひきわり納豆 15グラム、 ホウレンソウ(葉先の部分) 1-2枚

作り方

  1. 納豆を湯通しする。ホウレンソウはゆでて、みじん切りにする。
  2. 納豆とホウレンソウを和える

 

【副菜】

<さつまいもとトマト和え>

材料・・・さつまいも 15グラム、 トマト 10グラム、 野菜スープ 小さじ1

作り方

  1. さつまいもはゆでて皮をむき、フォークでつぶす。トマトは皮と種を取り、みじん切りにする。
  2. さつまいもとトマト、野菜スープを合わせる。

 

<ニンジンのホワイトソース和え>

材料・・・ニンジン 25グラム、 ホワイトソース(ベビーフード) 1袋

作り方

  1. ニンジンはゆでて、みじん切りにする。
  2. ホワイトソースは、表記通りに熱湯で溶き、ニンジンと混ぜ合わせる。

まとめ

「7-8カ月の赤ちゃん離乳食まとめ!1日の献立例も」はいかがでしたでしょうか。

徐々に口にすることができる食材や味付けが増えてきますが、赤ちゃんの様子を見ながら、焦らず楽しみながら離乳食を進めていけるといいですね。