人物

佐川宣寿の家族や嫁は?天下り先と現在は応援大使!自宅は世田谷の豪邸

森友学園問題の佐川宣寿元局長が話題になっています。

そこで今回は「佐川宣寿の家族や嫁は?天下り先と現在は応援大使!自宅は世田谷の豪邸」の題材で調査しご紹介していきたいと思います!

佐川宣寿の家族や嫁(妻)は?現在は応援大使で収入は?

生年月日 1957年11月6日
年齢 62歳(2020年3月時点)
出身 福島県平市(現いわき市)
学歴 東京大学経済学部
職業 財務官僚

佐川宣寿氏は福島県いわき市出身で、現在「いわき応援大使」を務めています。

いわき応援大使は無報酬なので、現在収入源はどうしているのでしょうか?

こちらについては現時点では情報は公表されておりません。

ですが過去の天下り先を見ると予想しやすいかもしれません。

  1. 迫田英典氏(元国税長官) 三井不動産やTMI総合法律事務所 
  2. 中原広氏(元国税庁長官 ) エボック社や信金中央金庫、シグマクシス 
  3. 稲垣光隆(元国税庁長官 ) 商工組合中央金庫

 

代表取締役副社長として入社する方もいたので、天下り先では良い待遇である可能性が高そうです。

家族や嫁(妻)は?

佐川宣寿氏の家族についても気になるところです。
調べていくと過去に奥さんと思われる女性と買い物する写真が出ていたようですが、現在は削除されています。
またこの写真以外は、家族についてわかっていないようなので 子供がいるの?と気になりますが、こちらも判明しておりません。
きっと家族については、公表しないように守っているのでしょうね。

ただ結婚指輪をされていないので、そもそも結婚されていないということも考えられます。
そうなると豪邸には、自身の両親など家族と一緒に住んでいることになるでしょう。

ただ豪邸を建てるということは、結婚した夫婦がすることが多いので、現在奥様の存在はあると推察しておりますが、確証など新しい情報が入り次第追記いたします。

佐川宣寿の自宅は世田谷の豪邸

森友学園問題で佐川宣寿元国税庁長官が再び注目されています。
超エリートコースを歩まれてきており、年収は数千万ほどだったのでしょう。

そんな佐川宣寿氏は世田谷に自宅があると言われています。
その自宅は1億円の大豪邸という噂です。

ただこの土地は、実は元国税差し押さえ地であることが文春に取り上げられています。
滞納していた国民の土地を安く買ったというわけですね・・。
問題なないのですが、国民からすれば良い気持ちがしない人も多いのではないでしょうか。