お出かけ

明治神宮初詣2019の混雑はいつまで?おすすめルートやパワースポット

初詣はどこへ行くか決めていますか?

地元の神社に行くか、それとも少し足を延ばして、人気の神社まで行くか。

 

もし、毎年明け多くの人が集まる、明治神宮に行こうと予定しているのであれば、ご察しの通り大変混みますので、どうかよくチェックしてから、お出かけください。

参拝するのに、1時間以内で終わるときもあれば、約3時間はかかるときもあります。

 

この記事では、混雑する時間帯や、おすすめのルートをまとめていきたいと思います。

気温が低い中、参拝までの待ち時間が長く年始から風邪をひいたということにならないよう、しっかりチェックしていくとよいでしょう。

 

明治神宮の基本情報

 

所在地  東京都渋谷区代々木神園町1番1号
主祭神  明治天皇・昭憲皇太后
創建  大正9年(1920年)

ご利益  国家安泰・家内安全・社運隆昌・縁結び・厄除け・交通安全・合格成就など。

アクセス(最寄り駅は3つ)
・『南参道』
JR 原宿駅下車、表参道口出口
東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前駅下車、2番出口。

・『北参道』
東京メトロ副都心線 北参道駅下車。
JR 代々木駅下車。
都営地下鉄大江戸線 代々木駅下車。

・『西参道』
小田急電鉄小田原線 参宮橋駅下車。

 

初詣者数は三が日で300万人以上が訪れる有名な神社です。

12月31日から1月1日は閉門しませんので、終夜お参りができます。

 

■開門、閉門の時間(予定)

開門    閉門

大晦日  6:40 ~ 0:00

元日   0:00 ~ 19:00頃

2日   6:40 ~ 18:30頃

3日   6:40 ~ 18:30頃

4日   6:40 ~ 18:00頃

 

混雑と明治神宮おすすめルート

三が日は間違いなく混雑します。

初詣は三が日の間にと言われていますが、4日以降から徐々に混み具合が緩やかになってきますので、混雑を気にしたくない場合は、三が日過ぎてから参拝するのも一つの手です。

 

混雑ピーク

12月31日日付が変わる24:00から1月1日午前0:00~3:00までは一番込み合いますので、お賽銭箱までたどり着くのに3時間はかかると思っておいたほうがよいでしょう。

 

早朝5:00ごろであればピークは去りますが、その後再び初詣する人が訪れ混雑してきますので、早朝の早いうちが行くことをおすすめします。

 

おすすめルートは?

参拝路が3つあるのをご存知でしょうか。

多くの人がJR 原宿駅下車し、『南参道』から明治神宮まで向かうと思いますので、初詣の際には一番混雑する参拝路になります。

 

JR 代々木駅下車し、『北参道』から明治神宮へ向かう参拝路も結局は『南参道』と合流するので、一番おすすめルートは、 参宮橋駅下車し、『西参道』から明治神宮へ向かう参拝路ということになります。

 

ここはぜひ立ち寄りたい!パワースポット3選

1.清正の井戸

加藤清正という名将の名を聞いたことはないでしょうか。

清正の井戸の名の由来となる名前でもあります。
しかし、現在この場所がパワースポットとして有名なのは、富士山からの〝気〟が流れる龍脈の上に建立しており、その気が湧水となって清正の井戸からでていると言われているようです。

 

2.亀石
確実なパワースポットとしての由来はありませんが、この亀石からパワーを感じる人が多いようで、またなぜか子供が寄りつく場所でもあるようです。

 

3. 拝殿
龍穴からの強力な自然エネルギー、癒しのパワーがある鎮守の森、浄化再生パワーが3つ揃っているのは、明治神宮だけのようです。
そのため、良縁や良い人間関係を築くにも効果があると言われています。

 

まとめ

「明治神宮初詣2019の混はいつまで?おすすめルートやパワースポット」はいかがでしたでしょうか。

 

年末年始は毎年冷え込みますので、できるだけ暖かい服装で初詣にお出かけくださいね。

よい1年になりますように。

最後までご覧いただきありがとうございました。