人物

すしざんまい社長の経歴や顔画像!年収と歴代落札金額は?身長体重も

東京・豊洲市場で5日の早朝から初競りがあり、すしざんまい木村清社長が青森県大間産の276キロのクロマグロを1億9320万円(1キロ当たり70万円)で落札し話題になっていますね!

昨年の3億3000万円に次ぐ2番目の高値とあって今回も注目されています。

すしざんまい社長のポーズはものまねする芸人が現れるほど、有名にもなっていますよね。

 

そんなすしざんまい社長が改めてどんな人物なのか気になるところです。

そこで今回は「すしざんまい社長の経歴や顔画像!年収と歴代落札金額は?身長体重も」の題材で、すしざんまい社長の経歴や顔画像、年収と歴代落札金額、身長体重について調査しご紹介していきたいと思います。

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

◇記事内容がこちら

すしざんまい社長の経歴や顔画像・身長体重について

すしざんまい社長の年収と歴代落札金額は?

すしざんまい社長の経歴や顔画像・身長体重は?

青森県大間産の276キロのクロマグロを1億9320万円(1キロ当たり70万円)で落札する、すしざんまい社長が注目されていますね!

これでも「今年はいいものが少なかった」と木村社長はコメントしていますので、もっと上のマグロがあればそちらを競り落としていたに違いありません!

落札したマグロの1貫あたりの原価が2万円するそうですが、すしざんまいでは1個あたり大トロ398円、中トロ298円、赤身198円で提供するとのことですので、すしざんまいに行きたくなりますよね。

 

そんな初競りで注目されているすしざんまい社長の顔画像や経歴、簡単なプロフィールプロフィールを見ていきたいと思います。

本名 木村 清
生年月日 1952年4月19日
年齢 67歳
出身 千葉県野田市
学歴 1979年中央大学法学部卒業
身長 160cm前後?
体重 不明 
職業 実業家。株式会社喜代村代表取締役社長

すしざんまい社長の本名は木村清さんといい、株式会社喜代村代表取締役社長です。

千葉県野田市出身で、パイロットを目指していたため中学を卒業後、15歳で航空自衛隊航空教育隊に入隊しています。

航空操縦学生になる資格を得ましたが、事故で目を患ったそうでパイロットを断念されています。

司法試験を目指すため、中央大学法学部に入学し1979年に中央大学を卒業されました。

 

マルハニチロの子会社・新洋商事に入社し、3か月のアルバイトで辞めるつもりが、司法試験を断念し入社することになったそうです。

そして魚の仲買人となり、築地市場で多くの取引先を持つようになりました。

この時から築地市場で人脈を広げ始めていたのですね!

 

新洋商事を退職し独立を決意し、木村商店を創業。

木村商店では弁当屋、カラオケ店、レンタルビデオ店などを経営し、「喜代村」を設立するも、バブル崩壊に伴い全ての事業を清算することに。

手元に残ったお金と、築地時代のコネを活用し、寿司店「喜よ寿司」を開店。

そして2001年4月に日本初の年中無休・24時間営業「すしざんまい本店」を開店されました。

 

このような経歴をもつすしざんまい社長ですが、成功の裏には苦労も経験されていました。

だからこそお客様が喜ぶことのために、尽力する姿があるのかもしれませんね!

 

すしざんまい社長の年収と歴代落札金額は?

さて社長ときくと年収が気になるところですが、青森県大間産の276キロのクロマグロを1億9320万円で落札されたすしざんまい社長の年収はどれくらいなのでしょうか?

「喜代村」の売上高は 296億円 (2019年9月時点)と公表されています。

ですので社員の給与や維持費などを差し引いても、年収1億円以上はあると推測されます。 

青森県大間産の276キロのクロマグロを落札できる経済力には圧巻ですね・・。

 

また、すしざんまい社長は昨年も注目された初競り額ですが、歴代落札金額をまとめたツイートがありますので参考にさせていただきましょう。

<過去10年の歴代落札金額>

2010年 1628万
2011年 3249万
2012年 5649万
2013年 1億5540万
2014年 736万
2015年 435万
2016年 1400万
2017年 7420万
2018年 3645万
2019年 3億3360万円

 

このように過去の歴代落札金額をみても、昨年急激に落札金額が跳ね上がっているのがわかりますよね!

この大間のマグロを原価以下の値段で提供してくれるのですから注目度が高いのも頷けますよね。

もしかするとこのような初競りで注目される事で、宣伝効果も大きいのかもしれませんね。