イベント

旧暦七夕2020年はいつ?8月の地域と理由はなぜなのか

2020年も半分が終わろうとしていますね。

そして7月のイベントといえば、七夕が有名です。

七夕には織姫と彦星が1年に1度だけ天の川で会える日と言われていて、短冊に願い事を書いて笹に飾りますよね!

ですが七夕を旧暦で見ると、8月に行う地域もあるんです。

七夕は7月に定着しているイメージが強いですが、なぜ旧暦の8月に行うのか理由も気になります。

そこで今回は「旧暦七夕2020年はいつ?8月の地域と理由はなぜなのか」の題材で、旧暦七夕2020年はいつで、8月の地域と理由はなぜなのかについてご紹介していきたいと思います。

 

七夕(旧暦)2020年|8月の地域と理由はなぜなのか

7月7日の七夕を8月に行う地域があることを知って、その理由はなぜ?と疑問に感じますよね。その理由は昔の暦と関係しているそうなんです。

 

7月7日の七夕の頃って、天候はまだ梅雨の時期で夜空を楽しめない時もあったりします。

国立天文台では七夕をきっかけにして、夜空を楽しんでほしいと考え2001年に提案されたのが旧暦7月7日の「伝統的七夕」です。

昔の七夕は、新月から数えて7日目にあたる梅雨上けの時期に行われていました。
七夕というと7月7日ですが、現代の暦(太陽暦)の場合だと正しい日付ではないんですね。

昔は月の動きをもとにした「旧暦(太陰太陽暦)」を使っていました。
旧暦は、現代の太陽暦よりも1ヵ月程度遅くなります。

ですの現代の暦の7月7日以外に七夕を行う地域があるとすれば、その理由は「旧暦に合わせている」ということなんですね!

 

七夕(旧暦)2020年はいつ?

2020年の旧暦七夕は8月25日です!

2030年までの旧暦を表にまとめたものがこちらです☟

年度 旧暦七夕の日
2019年 8月7日
2020年 8月25日
2021年 8月14日
2022年 8月4日
2023年 8月22日
2024年 8月10日
2025年 8月29日
2026年 8月19日
2027年 8月8日
2028年 8月26日
2029年 8月16日
2030年 8月5日

 

2030年までの旧暦七夕はこのようになっています。

旧暦で見るとすべて8月ですね!

 

旧暦七夕を行う地域

宮城県仙台市で行っている「仙台七夕まつり」は、旧暦七夕の時期に行うものとして有名です。
愛知県安城市で行っている「安城七夕まつり」も、8月に開催されていますよ。

地域で見ていくと、北海道や秋田・宮城・福島、群馬や埼玉、そして山口県や香川県・大分県で8月に七夕を行っているそうです。
北海道では、天の川が綺麗に観える絶景ポイントが多いことで知られています。
神奈川や各県の他の地域でも旧暦七夕を行っているところもあります。

 

七夕の由来や意味

七夕の言い伝え

神様の娘・織姫と若者・彦星がいました。
織姫は機織りの仕事をする働き者で、彦星は牛の世話をするしっかり者。
2人は結婚しますが、今までしっかりと働いていたのに急に遊んで暮らすようになっていきました。
それを見た神様は怒って、2人の間に天の川を作って離します。
2人は悲しみのあまり泣き続けました。
それを見た神様は「前のように真面目に働くのなら、1年に1度2人は会える」約束をします。
2人は心を入れ替えて、再度しっかりと働くようになったのです。
そして2人は1年に1度だけ、天の川を渡って会う事が許されるようになりその日を七夕と呼ぶようになりました。
(その他にも、諸説言い伝えあり)

 

七夕にはかかせない2020年の天の川についてはこちらにまとめています。

天の川はいつ見える?探し方と方向や時間は?【2020年七夕】2020年も半分が過ぎ、7月7日の七夕の時期が近づいていますね! 2020年はおうちで過ごす時間が増えてるので、七夕のように家で楽しめ...

短冊に願い事を書いて笹に飾る理由

織物が上手な織姫のように「物事が上達しますように」と昔の人が願いごとをしたのがはじまりのようです。
笹の葉に飾ることで、織姫と彦星の力で願いごとが叶ったり、悪い物から守ってくれるという風に言われています。

 

まとめ

「旧暦七夕2020年はいつ?8月の地域と理由はなぜなのか」の題材で、旧暦七夕2020年はいつか、8月の地域と理由についてまとめてきました。

七夕は子供にとっては嬉しいイベントの一つですが、旧暦七夕に関してはあまり広く知られていないように思うので、身近な子供たちにも旧暦七夕について伝えていきたいですね!

それではここまでとさせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました!