お出かけ

上野動物園夏休み2019混雑状況やパンダが空いてる時間は?食事や子連れも

夏休みやGW(ゴールデンウィーク)など大型連休に家族のお出かけスポットとして人気な場所の一つが「上野動物園」!

 

上野動物園は約350種2,500点の動物を飼育していて、パンダを公開しているのも人気が高い理由です。

そのため、休日の混雑状況は凄まじいものでパンダ待ち時間は1時間以上なんてこともざらにあるようですよ、、。

 

そんな上野動物園の夏休み2019混雑状況やパンダが空いてる時間と食事や子連れのおすすめについて気になる人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「上野動物園夏休み2019混雑状況やパンダが空いてる時間は?食事や子連れも」の」の題材でまとめていきたいと思います!

それでは早速、本題に入っていきましょう!

上野動物園の夏休み2019混雑状況は?

 

 

上野動物園2019年の夏休みやGW(ゴールデンウィーク)などの大型連休期間の混雑状況はどれほどなのでしょうか。

パンダの観覧は人気が高いので、待ち時間が発生する可能性が高いです・・・

 

出来れば混雑する日を避けていくと、ゆっくり動物たちを観覧できますが、夏休みのような連休でないといけない人もいると思いますので、次でパンダが空いてる時間を調査していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

お盆の混雑状況は?

お盆時期の混雑情報はあまりありませんが、「お盆に上野動物園にいきたい」の声が結構ありました!

 

2019年お盆時期は8月13日火曜日から8月15日木曜日までです。
最も混雑する日となる可能性もあるので、できるだけ早めの到着・早めの帰宅をおすすめします!

 

次に上野動物園の夏休み2019パンダが空いてる時間についてまとめていきたいと思います!

上野動物園の夏休み2019パンダが空いてる時間は?

2017年6月12日に上野動物園にて誕生した、パンダの赤ちゃんシャンシャン!

1972年から始まった上野動物園でのパンダ飼育では、自然交配で生まれてその後も順調に育っている初めてのパンダなんだとか。

生まれても生後すぐに亡くなってしまうことが多く、上野動物園で生まれたパンダの公開は29年ぶりということですよ!

 

シャンシャンかわいいですよねーー!!

せっかく上野動物園までいったなら、必ずシャンシャンは間近で見ていきたいですよね!!

 

ただ、心配なのが混雑ではないでしょうか。

夏休みやGW(ゴールデンウィーク)など大型連休となれば、人が殺到することが予想されます。

そこで、ここでは夏休み2019のパンダ空いている時間をまとめていきますので、ぜひチェックしてからお出かけくださいね!

 

まずパンダを観覧するためには、園内の「観覧列最後尾」に並びます!

整理券制による先着順でしたが、2018年6月5日(火)からは整理券の配布を取りやめ、園が指定する観覧列に並んでいただいた順にご案内する方式に変更されています。

 

観覧の際は係員の指示・誘導にしたがっていれば大丈夫だと思いますよ。

 

ただ、大人気のため平日でも待ち時間30分以上あることも少なくないです。

ですので、休日のパンダ待ち時間はもっと長いです、、。

天気や気温にも左右されますが、日曜日は10時台から1時間以上の待ち時間になり、終日混雑している可能性が高そうです。

 

「観覧のために長時間お待ちいただく状況になった場合には、概ね1時間を目安に、各入園門付近での表示や上野動物園公式Twitterでの発信により、適宜待ち時間をお知らせいたします」と上野動物園HP上にありましたので、混雑状況をTwitterで確認することが可能ですよ。

▼▼

 

夏休み2019パンダが空いてる時間は?

混雑状況にもよりますが、夏休みやGW(ゴールデンウィーク)など大型連休は凄まじい混雑が予想されます。

特にパンダは人気が高いので終日行列を作っている事でしょう。

ただ、調査していくとパンダにも空いてる時間があることがわかりました!!

 

それは開園時間に入園後早足で1番に「パンダ舎」に向かう事!!

この時間帯が夏休み2019の混雑回避となりそうです。

開門&入園後は、ゲート向かって右手の「パンダ舎」へ早足で移動します。

たくさんの警備スタッフの方が「走らないでください!」と拡声器で呼びかけていますので、慌てずに移動しましょう。

 

開園時間やパンダ受付終了は曜日によって異なりますので、前以てチェックしてからお出かけするようにしてくださいね。

 

次に上野動物園夏休み2019混雑時の食事や子連れのおすすめについてまとめていきたいと思います!

上野動物園の夏休み2019混雑時の食事や子連れのおすすめは?

夏休みやGW(ゴールデンウィーク)など大型連休のように混雑が見込まれる時の食事は、おにぎりやパンなどを持参して外のテラス席などを利用して食べるのが気持ちいいですしおススメですよ。

混雑していると園内で買うだけで30分以上かかることもあり、子連れなら尚更持参はおすすめです!

手作りでなくても上野駅にはアトレがあるのでそちらでも購入できます。

園内が混雑しているとまず席確保から戦いです。
注文して食べられるまでに30分かかり、さらに追加したいとなるとさらに30分・・・。

 

園内で購入する場合は待ち時間を考慮して、早めに食事されるのが混雑回避につながりそうです。

 

ただ、食事を持参してくる家族が多いのも事実なので、食事する場所の確保は考えておいた方が良いでしょう。

上野動物園はお弁当を食べる日陰のテーブル席が少ないので、日差しが強い日は特に人気で先に日陰のテーブルから埋まっていきます、、!

 

「10:50に到着したけど、日陰のテーブル空いてなかった」なんて話もありますので、日陰のテーブルは競争率高めと思われます。

日当たりの良いテーブルは空いてることも多いそうなので、席確保には困らなそうです。

まとめ

「上野動物園夏休み2019混雑状況やパンダが空いてる時間は?食事や子連れも」はいかがでしたでしょうか。

 

子供が大好き上野動物園の夏休み2019混雑状況やパンダが空いてる時間、食事や子連れについてまとめてきました!

上野動物園2019年の夏休みは混雑状況は予通り大混雑となりそうですね。

それに伴いパンダ行列も凄まじいものになりそうなので、パンダ空いてる時間を調査したところ、開園入園後1番にパンダ舎へ向かうのが、混雑回避になりそうということでした!

 

子連れの場合は特に食事は持参するのがおススメで、園内で購入する場合は待ち時間を考慮して早め早めに食事されるのが混雑回避につながりそうです。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

夏休み2019関東中心混雑情報ガイド☆この記事では、お出かけスポットとして人気の高い施設やプール・お祭り、イベントの情報や混雑情報を中心にをまとめていますよ! あなたが...